• Yasunari Matsui

あなたの仕事時間はどのエリアが多い?

前回お話ししました投資すべき時間を確保するためのアプローチを今回お話しします。まずは図1をご覧ください。これは仕事の時間全体をマトリクス化したものです。縦軸は重要度、横軸は緊急度を表しており、重要度が高いものが上側、低いものは下側です。横軸は緊急度を表しており、緊急度が高いものが右側、低いものが左側です。エリアを4分割すると重要度(高)、緊急度(高)がエリアA、重要度(低)、緊急度(高)がエリアB、重要度(高)、緊急度(低)がエリアC、重要度(低)、緊急度(低)がエリアDです。

さて、皆さんの仕事の優先順位はどうですか?恐らく共通するのはエリアAとDですよね。エリアAは最も優先度が高く、エリアDは最も優先度が低いですよね。次が重要です。エリアAの次に着手するエリアは?おおよそみなさんの回答はエリアCが多いです。しかしそこには罠があります。心ではそう思っていても実際に仕事をしているとエリアBをやっていることが大半なのです。重要と緊急と戦うと緊急が勝つのです。従って、エリアCは未着手となります。結果エリアBばかりしているとさらに仕事が増えて来て効率が低下します。なぜならば、仕事を効率化するエリアはCだからです。Cは工場だと製品を作る際に使用する治具だったり、業務改善だったりします。ではエリアCを着手するためには何をしないといけないのか?来週はそれをお話しします。




38回の閲覧

最新記事

すべて表示

日本経済大学に訪問

先週日本経済大学に訪問いたしました。ご存知の方は少ないと思います。日本で4番目に外国人の多い大学らしいです。世界30ヵ国からの留学生を185名/年間入学しているようです。キャンパスはグローバルそのもので、まるで『駅前留学』状態です。そしてインターンシップも積極的で長期型、短期型、産官学型、海外型と充実してます。就職率も97.3%らしいです。学校を上げて生徒の育成と人生サポートに邁進しておられます。

耳の痛い話

先週あるお客様ところに訪問した後、10歳年下の同行した友人から耳の痛い話を私にしてくれました。私は人と話をしている際に、自分の知っている情報があると話の途中で発言してしまうようです。(私はそれを知ってます的な感じで、話を遮ってしまう。) 自分が知っている場合でもTPOに応じて、相手の話をじっと聞くことが重要だと指摘されました。私が嬉しかったことは、友人が耳の痛い話を私にしてくれたことです。注意され

​〒641-0051 和歌山市西高松2-5-18

090-5090-8250

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
Send Us a Message

Copyright © 2020 Dynalinks,LLC All rights reserved.