これから求められるスキル

 去年の暮れに北海道の専門学校に視察に行った時の話をします。その学校は色々な分野で日本初を目指している学校です。そのなかでこれから求められる人財の話がありました。


 私のブログをお読み頂いている方ならご存知だと思いますが、日本の教育は暗記型ですよね。教科書という答えが決まったものを教師が教壇に立ち一方通行で知識を教えて行きます。生徒達はそれを理解・暗記し試験に向かいます。それはそれで否定はしません。

しかし、その結果、日本は世界の人的競争のなかでどうでしょうか?良い結果が出たでしょうか?いや出てませんよね。むしろ離されてます。それは日本企業の一人当たりGDPや企業の時価総額を見れば分かります。


求めらるスキル

 答えをずばり言います。『アイデア』です。『アイデア』を提案できる人財を求めてます。今までの日本教育では平均的な人材を輩出して来ました。でもその人たちでは新しい価値創造ができないことを企業側は認識しているようです。その一例としてトヨタ自動車もJAXAも大卒理系という条件を不問にしたということです。


すべての人にチャンスあり

 今までは学歴により大学卒業(しかも理系)した人しか一流企業に入社できないという常識は過去となっていき、全ての人にチャンスが来る社会へと変わって行きます。みなさん、チャンスですよ!希望を持ち、やりたいことを追い求めてください。 


最後に

 当たり前ですが『アイデア』を提案しようと思えば『テクノロジー』を使いこなせないと実現に向けての具体的な提案もできません。日本の教育では、学問として一つのことを深堀する、もしくは立証するために相当な時間を要しますが、そんなことをしている間に新しい『テクノロジー』が生まれ、勉強していることがすぐに陳腐化していきます。

 現在ではインターネットを使えば、論文やそれに関する記事がすぐに出てきます。それよりも未知な領域へ向かうための実験を『テクノロジー』を使い実施し、その結果を分析する能力の方が重視されます。


閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示