top of page

人の仕事がどんどん奪われる

 みなさんは使われましたか?チャットGPT(以下「GPT」という)というツールを。私は試してみて驚きました。何に驚いたかを箇条書きにしますね。チャットGPTを知りたい方はここをご覧ください。

  • 日本語の文章が自然

  • 質問に対する回答が的確

  • プログラム言語も記述し、教えてくれる

 GPTを使えば論文が書けるとさえ言われてます。今までの翻訳機は不自然さ、つまり違和感があり実用的に使うことは難しいと思われましたが、GPTの日本語翻訳は違和感なく、内容の的確さも相当向上しております。GPTは日本語で入力したものを一度英文に翻訳し、検索、収集、まとめた内容を英文から日本語に翻訳して返してくれます。この一連の作業のスピード、言語レベル、的確さは本当に驚かされます。

 以前より翻訳の仕事や各種アナリスト、会計、税務、銀行等は仕事を奪われるというのは言われれておりましたが、今回のGPTでシステムエンジニアも危ないと思われるほどです。現在日本政府は『IT人材の育成』に力を入れておりますが、GPTが更に進化してくればSEは不要になる可能性もあります。従って、日本政府は世界からすると周回遅れの課題に投資しようとしているのではないかと危惧します。世界ではシステムエンジニアの仕事をAIにさせてようとしている時代に日本では今からシステムエンジニア育成に投資する。人材が育成されたころにはAIが人に取って代わられている可能性は否めません。但し、提案や企画のできるシステムエンジニアは別です。


 もし、これからシステムエンジニアを目指すのであればちょっと立ち止まって考えた方が良いかもしれません。本当に人類の時代の変わり目であることを私はこのGPTを通して感じました。そこからひとつ言えることは、『人からの指示で言われたことだけをする人』は少なからず淘汰されると言うことですね。AIやロボットに取って代わられます。

自身で課題を見つけ『行動から価値を生み出せる人』にならないといけませんね!


ダイナリンクス合同会社

代表 松井康成




閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page