全ての経営に共通する点(納期)

先日整形外科に通院して来ました。顔ではないですよ。笑

以前は通院すると半日取られた経験があっため待ち時間に本を読む準備をして通院しましたが、なんと1時間強ぐらいで終わりました。そして、以前より患者も多くそこで働くスタッフはテキパキと業務をこなすと同時に接客対応はすごく丁寧でした。以前の病院とはまるで別のようでした。その時私はハッとしました。これってものづくりと一緒だと。

経営の視点をどこに置くかで、何を為すべきかが明確になります。そしてそれを実現できた時、以下の図のように全ての利害関係者がハッピーになりますね。

患者さんの工程はものづくり工程と同じですね。作業工程と手待ちの時短を改善することで回転率が上がります。回転率が上がると企業のメリットは生産キャパの増加=売上の増加につながります。お客様のメリットは納期短縮です。顧客からすると納期は価格と同等、いやそれ以上に重要視する傾向があります。



83回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示