我がなすことは我のみぞしる

この言葉はかの有名な坂本龍馬の言葉です。私が大切にしている言葉です。私が大切にしているには理由があります。みなさんこんな経験はないですか?

他人に自分の夢や理想、目標を語った際、以下のような反応を受けたこと。

  • 批判

  • 反対

  • 中傷

  • できない理由を挙げられる

※以下は上記をネガティブキャンペーンと言います。


私も若い頃、自分の夢や理想、目標を語ると上記のような経験をしあきらめていた自分がいました。でもこの年になりそれは自分が間違っていたということに気づきました。自分が自分自身を信じ切ることができていなかっただけでした。しかしこれは私だけではないと思います。誰しも他人からのネガティブキャンペーンにより自分の夢や目標を諦めた経験をしているのではないでしょうか?

私は48歳までいちサラリーマンでした。しかし、人生1度きり、自分のやりたいことをやろうと決め独立を決心しました。その際、周りからは当然のごとくネガティブキャンペーンの嵐でした。『家族がいるのに何を考えているのか』『社会はそんなに甘くない』『どうせ負けてサラリーマンに戻る』『悪いこと言わんからサラリーマンのままいなさい。』と言われました。さて、ここから読者の皆さんにお伝えしたいことを書きます。


皆さん自分自身を信じていますか?自分の可能性を信じていますか?他人の意見に振り回されてませんか?自分の能力や可能性は自分が分かっていると思います。他人は所詮はあなたの一部分を切り取り都合の良い理由をつけて言って来ます。それに惑わされないでください。坂本龍馬は『我がなすことは我のみぞしる』と言ってますが、『我がなせることは我のみぞしる』とも言い換えることができます。夢をあきらめないでください。理想を追ってください。諦めない限り『失敗』などありません。もしもその夢や理想が叶えられなくてもそれは無駄ではありません。次の夢への軌跡です。神様がもっと素敵な未来をあなたに準備してくれていると考えてください。



追伸:私が独立できたのは妻や家族の理解があってのことです。感謝しかありません。



25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示