• Yasunari Matsui

江戸時代後期に学ぶ

今の日本政府の政策を拝見していると表面的な施策に対してお金を使っているが、根本的な人への投資が見えて来ない。例えば社員教育できていないサービス業にいくら広告宣伝費や割引券を配ったところで、客足は伸びない。投資したコストが回収できないのは無駄使いと同じである。それを回収できるかどうかは人材次第なのです。

私は明治維新が近代化に成功できたのは、江戸時代後期の読書階級や寺子屋による思想・道徳・倫理教育がそれを可能にしたと思っている。明治維新は非常に注目されがちですが、あの短期間にあれだけの偉業を支える人材育成ができたとは到底思えない。従って、日本は今から人材教育の見直しに着手したとしても、その効果を得られるのは50年後以降になるのだから、未来の日本の担い手たちのために今為すべきことを為して欲しい。

私は菅内閣にお願いしたい。まずは日本の教育の在り方について。これから日本が向かう未来予想図において必要な人材とは?その人材を育成するためにはどのような教育環境を用意すべきなのか?





最新記事

すべて表示

人は人によって活かされる

昨日社会人最初の会社の同期と会食をしました。その友人は今回のコロナ禍で失職し、ようやく再就職先が決まった。彼の失職中に私が彼に言った言葉が彼の自信となり、勇気となり、再就職の行動に繋がったと言ってくれた。私は彼の実力や人間性を知っているため当然のことを言ったまでだが、素直に嬉しかった。それと同時に日本社会の不条理さを垣間見た。彼は今回外資系企業に決まったのだが、日本企業の人事採用について良い印象を

​〒641-0051 和歌山市西高松2-5-18

090-5090-8250

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
Send Us a Message

Copyright © 2020 Dynalinks,LLC All rights reserved.