• Yasunari Matsui

耳の痛い話

先週あるお客様ところに訪問した後、10歳年下の同行した友人から耳の痛い話を私にしてくれました。私は人と話をしている際に、自分の知っている情報があると話の途中で発言してしまうようです。(私はそれを知ってます的な感じで、話を遮ってしまう。)

自分が知っている場合でもTPOに応じて、相手の話をじっと聞くことが重要だと指摘されました。私が嬉しかったことは、友人が耳の痛い話を私にしてくれたことです。注意されてハットしましたが、注意されなければ気づかずそのままだったと思います。本当に感謝です。やはり自分では気づけない主観の壁ですね。他社は客観的に私を見てくれるため、改めてコーチングの重要性を再認識されられた出来事でした。


このブログでのポイント

①他人からの耳の痛い話を受け入れる度量を持つこと。>>真摯、素直さは成長の元

②主観も大切だが客観をバランス良く意図的にもつこと。>>コーチングの重要性

③上記②は個人も法人にも該当すること。>>主観と客観のバランスは大切

70回の閲覧

最新記事

すべて表示

人は人によって活かされる

昨日社会人最初の会社の同期と会食をしました。その友人は今回のコロナ禍で失職し、ようやく再就職先が決まった。彼の失職中に私が彼に言った言葉が彼の自信となり、勇気となり、再就職の行動に繋がったと言ってくれた。私は彼の実力や人間性を知っているため当然のことを言ったまでだが、素直に嬉しかった。それと同時に日本社会の不条理さを垣間見た。彼は今回外資系企業に決まったのだが、日本企業の人事採用について良い印象を

小手先では人は変わらず

ここ最近感じることがある。それは綺麗事ばかりを並べる言葉であったり、マネジメントやツールに溺れる人を見受ける。戦略や戦術を言う前に人が必死にならなければ大事は為し得ない。人は『小さく打てば小さく響き』、『大きく打てば大きく響く』のだ。自身が覚悟をもって大きく打たないとチームや部下は響かない。そして、徹底的に行動した組織が勝ち、行動しなかった組織は負ける。例え戦略や戦術が間違えていても行動できる組織

​〒641-0051 和歌山市西高松2-5-18

090-5090-8250

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
Send Us a Message

Copyright © 2020 Dynalinks,LLC All rights reserved.