言語以上に大切なこと

私はコーチングを通して感じることがある。言語の伝達率である。同じことを伝えているのに伝わる人と伝わらない人がいる。また同じ人でも伝わらない時期と伝わる時期がある。発信側が同じことを伝えているのにである。また受信側も言語としては理解している。では、なぜ伝達率が変わるのか?それは、受信側が発信側を受け入れているかどうかである。つまり、管理職は『指示を命令』するのではない。まずは信頼関係を構築すること。自分自身が信頼されるために努力をすること。そうすると言語の伝達率は一気に上がります。当たり前のことですが、意外と盲点です。自戒の意味を込めて書かせていただきます。



30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示