辛い時期

コロナ禍でモヤモヤした気持ちや塞ぎ込みがちになりますが、そんな時こそ受け身ではなく自ら一歩前に進む勇気が必要かと思います。必ず明るい未来が待ってます。間違いなく。

でも過去にしがみついたり、現在から未来方向に目を向けられない限り良くなることはありません。吉報は勝手に向こうからやって来ません。また準備をしていない人は吉報を気付ける能力も備わっていません。吉報は行動した結果の成果の一部なのだと思います。

もし、今辛い時期にいる方がいれば、なぜ辛い時期になってしまったのかを考え自己を省みましょう。そこが明るい未来へのスタートラインとなります。そしてこの辛い時期は続きません。冬来りなば春遠からじ という言葉があるように必ず道は開けます。

でも辛い状況から安易に逃げ出さないでください。植物が冬に根っこを伸ばして強くなるように人間としての根っこを伸ばす時期は必要です。

さあ、みんなで明るい未来に向かって行動しましょう!


25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示