• Yasunari Matsui

この本読むと危機感煽られます

最終更新: 6月4日


今週から2週連続で日本の競争力の源泉について書きたいと考えてます。今週は『AI vs 教科書が読めない子どもたち』についてです。結論から言いますと、日本の子どもたちの読解力というのはかなり低下しているようです。そして、その読解力を強化する教育法というのが、今のところ科学的根拠がないようです。※1

読書して活字を読んだから成長するという相関関係はないらしい。私もそうなのですが、感じの読み方が分からず飛ばし読みをしたり、意味が分からない言葉があってもそのまま進んだり、あいまいに文を読んでいても読解力は上がらないらしいです。従って、数学の前に日本語をしっかりしないといけないらしく。数学の点数が上がらないのは、数学ではなく問題文を読解できていないらしいです。そして今の日本の教育はAIに代替できる内容のため、失業者が増えるということが予想されます。


 『AI vs 教科書が読めない子どもたち』弊社のクライアントの社長からお薦めいただきましたが、読んで良かったです。


※1 ここでは詳しくは書きませんが、基礎的読解力を高める方法にRSTというテストを実施して上げた例があるようです。埼玉県戸田市の小学校6年正から中三まで実施したようです。驚くべきことに埼玉県で中くらいの成績だったのが、小学校は2位、中学校は1位の成績に急上昇したようです。

ちなみにRSTテストは、読解力を判別するために読者が独自に開発したソフトらいしです。


松井康成



18回の閲覧

最新記事

すべて表示

日本経済大学に訪問

先週日本経済大学に訪問いたしました。ご存知の方は少ないと思います。日本で4番目に外国人の多い大学らしいです。世界30ヵ国からの留学生を185名/年間入学しているようです。キャンパスはグローバルそのもので、まるで『駅前留学』状態です。そしてインターンシップも積極的で長期型、短期型、産官学型、海外型と充実してます。就職率も97.3%らしいです。学校を上げて生徒の育成と人生サポートに邁進しておられます。

耳の痛い話

先週あるお客様ところに訪問した後、10歳年下の同行した友人から耳の痛い話を私にしてくれました。私は人と話をしている際に、自分の知っている情報があると話の途中で発言してしまうようです。(私はそれを知ってます的な感じで、話を遮ってしまう。) 自分が知っている場合でもTPOに応じて、相手の話をじっと聞くことが重要だと指摘されました。私が嬉しかったことは、友人が耳の痛い話を私にしてくれたことです。注意され

​〒641-0051 和歌山市西高松2-5-18

090-5090-8250

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
Send Us a Message

Copyright © 2020 Dynalinks,LLC All rights reserved.