​経営の可視化(見える化)

経営のスタートは可視化です。なぜか?見えないものはコントロールできないからです。しかし、中小企業内においては可視化できていないケースが大半です。カテゴリー別の売上実績、得意先セグメント別の売上実績、また​商品単位の粗利実績、他様々な軸を使い経営を可視化します。そこから課題が浮き彫りとなってきます。経営者には現在の指標がすぐにわかる可視化(見える化)をもってもらいたいと考えております。私たちはITの力でそれをサポートします。

スクリーンショット 2021-04-21 14.42.23.png

​あなたの会社に問題・課題がありますか?

あなたの会社に問題・課題がありますか?

ある方はそれをなぜ問題だと認識したのでしょうか? >> 目標やビジョンがあり、現状との差分認識ができている状態。

問題・課題のない方は具体的な目標がないからです。具体的とは数字です。数字を『定量化』と言いますが、『定量化』した目標がないと経営を測ることはできません。つまり可視化(=定量化)された目標がないところに課題や問題は存在しない。あるとすれば事象であり、そこに問題意識は芽生えません。具体的な目標を策定しギャップを認識しましょう。

あるべき姿.jpeg