• Yasunari Matsui

クビアカツヤカミキリの被害に注意

クビアカツヤカミキリは桜、梅、桃、バラ科樹木を加害する外来種です。特に和歌山は梅と桃の産地なので、心配です。幸いなことに和歌山ではまだかつらぎ町で1匹捕獲されただけですが、これから被害の出ることが予想されます。


和歌山県のクビアカに関する資料はここをクリックください。


なお、クビアカツヤカミキリの対策については、樹木医である宗實(むねざね)久義先生のホームページをご覧ください。 ここをクリックください。



53回の閲覧

最新記事

すべて表示

江戸時代後期に学ぶ

今の日本政府の政策を拝見していると表面的な施策に対してお金を使っているが、根本的な人への投資が見えて来ない。例えば社員教育できていないサービス業にいくら広告宣伝費や割引券を配ったところで、客足は伸びない。投資したコストが回収できないのは無駄使いと同じである。それを回収できるかどうかは人材次第なのです。 私は明治維新が近代化に成功できたのは、江戸時代後期の読書階級や寺子屋による思想・道徳・倫理教育が

​〒641-0051 和歌山市西高松2-5-18

090-5090-8250

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
Send Us a Message

Copyright © 2020 Dynalinks,LLC All rights reserved.