• Yasunari Matsui

ピータードラッカー95歳時の詩

最終更新: 4月16日

私の尊敬するピータードラッカーが95歳の時に書いた詩です。これを読むと毎日引き締まります。



もう一度人生をやり直せるなら・・・・

今度はもっと間違いをおかそう。

もっとくつろぎ、もっと肩の力を抜こう。

絶対にこんなに完璧な人間ではなく、もっと、もっと、愚かな人間になろう。

この世には、実際、それほど真剣に思い煩うことなど殆ど無いのだ。

もっと馬鹿になろう、もっと騒ごう、もっと不衛生に生きよう。

もっとたくさんのチャンスをつかみ、行ったことのない場所にももっともっとたくさん行こう。

もっとたくさんアイスクリームを食べ、お酒を飲み、豆はそんなに食べないでおこう。

もっと本当の厄介ごとを抱え込み、頭の中だけで想像する厄介ごとは出来る限り減らそう。

もう一度最初から人生をやり直せるなら、春はもっと早くから裸足になり、秋はもっと遅くまで裸足でいよう。

もっとたくさん冒険をし、もっとたくさんのメリーゴーランドに乗り、もっとたくさんの夕日を見て、もっとたくさんの子供たちと真剣に遊ぼう。

もう一度人生をやり直せるなら・・・・

だが、見ての通り、私はもうやり直しがきかない。

私たちは人生をあまりに厳格に考えすぎていないか?

自分に規制をひき、他人の目を気にして、起こりもしない未来を思い煩ってはクヨクヨ悩んだり、構えたり、落ち込んだり ・・・・

もっとリラックスしよう、もっとシンプルに生きよう、たまには馬鹿になったり、無鉄砲な事をして、人生に潤いや活気、情熱や楽しさを取り戻そう。

人生は完璧にはいかない、だからこそ、生きがいがある。


ピータードラッカー

17回の閲覧

最新記事

すべて表示

耳の痛い話

先週あるお客様ところに訪問した後、10歳年下の同行した友人から耳の痛い話を私にしてくれました。私は人と話をしている際に、自分の知っている情報があると話の途中で発言してしまうようです。(私はそれを知ってます的な感じで、話を遮ってしまう。) 自分が知っている場合でもTPOに応じて、相手の話をじっと聞くことが重要だと指摘されました。私が嬉しかったことは、友人が耳の痛い話を私にしてくれたことです。注意され

小手先では人は変わらず

ここ最近感じることがある。それは綺麗事ばかりを並べる言葉であったり、マネジメントやツールに溺れる人を見受ける。戦略や戦術を言う前に人が必死にならなければ大事は為し得ない。人は『小さく打てば小さく響き』、『大きく打てば大きく響く』のだ。自身が覚悟をもって大きく打たないとチームや部下は響かない。そして、徹底的に行動した組織が勝ち、行動しなかった組織は負ける。例え戦略や戦術が間違えていても行動できる組織

投資する時間をブロックせよ!

先週のエリアCが着手できない理由を書きました。重要だけど緊急でない仕事のことです。重要と緊急が戦うと緊急が勝つということです。では、その仕事の時間を確保するためにはどうすれば良いか?答えは簡単なのです。計画を立てることです。ただ、計画を立てただけでは、フェードアウトするのがオチです。そのためにWBSを作成することをおすすめします。WBSとはワークブレイクダウンストラクチャーといい、計画を時系列で細

​〒641-0051 和歌山市西高松2-5-18

090-5090-8250

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
Send Us a Message

Copyright © 2020 Dynalinks,LLC All rights reserved.