吉田松陰先生の言葉


尊敬する吉田松陰先生は29歳にしてこの世を去っております。その松陰先生は死の直前に若き塾生たちに向けて以下の詩を贈っています。


志を立てるためには

人と異なることを恐れてはならない

世俗の意見に惑わされてもいけない

死んだ後の業苦を思いわずらうな

また目前の安楽は一時しのぎと知れ

百年の時は一瞬にすぎない

君たちはどうか

いたずらに時を過ごすことのないように


吉田松陰


29歳の詩なのでしょうか?それと比べて自分は何なのでしょうか?

精神的に未熟なことに自己嫌悪に落ち込みますね。

それでも死ぬまでに少しでも松陰先生に近づきたいものです。



40回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

耳の痛い話

先週あるお客様ところに訪問した後、10歳年下の同行した友人から耳の痛い話を私にしてくれました。私は人と話をしている際に、自分の知っている情報があると話の途中で発言してしまうようです。(私はそれを知ってます的な感じで、話を遮ってしまう。) 自分が知っている場合でもTPOに応じて、相手の話をじっと聞くことが重要だと指摘されました。私が嬉しかったことは、友人が耳の痛い話を私にしてくれたことです。注意され