為すべき仕事

みなさんは仕事のなかで『やらなければならない仕事』にどれだけの時間を費やし、『為すべき仕事』にどれだけの時間を投資できていますか?まず、この違いを理解していますか?『やらなければならない仕事』とは、一般的に日々のルーティン業務のことです。

『為すべき仕事』とは将来の顧客のために新たな価値やサービスを提供するための仕事のことです。従ってその時間を『投資』と言い『費やす』とは言いません。みなさん、自分の仕事を思い起こしてください。まずこの概念があり、時間の意識をもててますか?私は投資する時間を3割と決めてます。次週は投資する時間を確保するための考え方について書きたいと思います。

56回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

これからは中小企業の時代

こんにちは! 中小企業の皆さんに朗報です。先日の2021年7月8日に和歌山で開催されたデジタル化推進シンポジウムで株式会社日本共創プラットフォーム代表の冨山和彦氏による基調講演がありました。 弊社もIT相談窓口として参加させていただきました。 さて、基調貢献の内容ですが、これからの時代はローカル企業、中小企業に勝機ありというものでした。是非動画ご覧ください。 キーワード デジタル化は難しくない。導