top of page

WBC(チームパフォーマンス)

 しびれるWBC。皆さん観てますか?昨日の韓国戦は圧勝でした。侍ジャパンの打線は全員が4番ですね。大谷選手も凄いですが、私が感動したのはヌートバー選手です。

 ヌートバー選手は、 闘志を全面に出して他の選手を鼓舞する。日本人にはヌートバー選手のようなタイプがいないからチームに招集したのは正解ですね。これは栗山監督の考えであれば素晴らしい采配ですね。チームというのは必ずムードメーカー的な人が必要です。


 逆に心配なのが、村上選手です。打率が2試合を終えて『0』です。誰から見ても落ち込んでいることが分かります。でも人は必ず調子があります。打てない人がいれば、打てる人がいます。打てない人を打てる人がカバーする。"one for all All for one"の精神です。"一人は全員のために全員は一人のために"今の侍ジャパンにはそれが見てとれます。そしていつか村上選手が侍ジャパンを助ける時が来ると私は信じてます。


 企業もチームスポーツと同じです。行き過ぎた成果主義は単独行動や他人を貶める行為に繋がりかねません。そうなるとチーム内の信頼関係は薄れ、チームとしてのパフォーマンスは一気に落ちます。すばらしいチームとは自己犠牲を払ってでもチームを活かせる。そんなマインドを持つ選手が一人でも多い方が良いチームパフォーマンスを発揮します。今の侍ジャパンを見ていると選手全員がチームのために積極的にコミュニケーションを取り、信頼関係で繋がってるように見受けます。そういうマインドを持っているからこそ侍ジャパンに招集されているのだと思います。野球のパフォーマンスが良いのは当然のことで、一人の人間として一流であるかどうか?企業も同じです。どれだけ頭が良くても、スキルがあっても利己的な人はチームにとってはパフォーマンスを下げる要因になります。チームとって大切なことは何なのかを侍ジャパンを通して勉強させて頂ました。ありがとう侍ジャパン!


そして、がんばれ村上選手!がんばれ侍ジャパン!


ダイナリンクス合同会社

代表 松井康成



閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page