top of page

不都合な真実

 先週セミナー講師したなかで紹介した営業にとっての不都合な真実を紹介します。私も経営者なので、営業も実務も両方します。営業は性格上無理強いしたくないという気持ちが強く働くため、以下の真実を知って驚愕しました。


 もし、みなさんが営業だとして顧客提案したとします。その際顧客から良いお返事を頂けませんでした。がっくりですよね。私もそれを自責ではなく、他責で片付けてしまい。一回の提案で終わってしまうことが大半です。でも以下の数字を見て驚きました。


44%の営業は一度『ノー』と言われてあきらめる
22%の営業は二度『ノー』と言われてあきらめる
14%の営業は三度『ノー』と言われてあきらめる
12%の営業は四度『ノー』と言われてあきらめる
つまり92%営業は四回『ノー』と言われてあきらめる

すべての顧客の60%は四回『ノー』と言った後に『イエス』と言う
つまり全ての営業のなかでたった8%が、60%顧客を獲得しているという真実

 私が『不都合な真実』という題名にしたのは、一度『ノー』と言われたら営業として2回目のアポイントは億劫だと思ったからです。私の友人には『ノー』と言われてから営業のスタートという強靭なメンタルの持ち主がいますが、この統計を知って『なるほど!』と納得しました。私も今後は四回目までやり抜きます。苦笑


ダイナリンクス合同会社

代表 松井康成


商談

閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page